多品種小ロット

前回は、ネクタイと円安の関係や国内で販売されている
ネクタイが海外からどれくらい入ってきているのかなどを
書かせていただきました。
今回は、その中でもほとんどが国産で占められている売り場について
ご紹介したいと思います。

当社で取り扱っている商品はすべて国産ですが
では、輸入されてくる品物と何が違うのか?
一言で言ってしまえば「物つくりに掛かるコストとクオリティが違う」
ということになります。

最近では百貨店などでも海外からの
商品が数多く増えてきており、それらは商品についている
「原産国表示」を見ていただけるとわかります。
ほとんどの商品が、いわゆる新興国からのものであることがわかります。
ただ、百貨店のネクタイ売り場で販売されている
ネクタイについては、一部欧州からのインポート商品を除いて
すべて日本製で占められているのをご存知の方は意外と少ないです。

これは、ネクタイの物つくりが「多品種小ロット」ということが
大きな原因です。
売り場へ行けばわかりますが、ネクタイは形状は同じなのに
色柄は数え切れないほど並んでいます。
これは、他のアパレル商品では真似の出来ない商品構成です。
こうした商品構成は、大量生産の輸入販売では出来ないというわけです。
さらに、百貨店は在庫を抱えることはしませんので
いわゆる「クイックリターン」に対応でき、なおかつバラエティに富んだ
商品構成を保つには国産であることが必要というわけです。

時代とともに、インフラが発達して物の動きが
世界中で飛躍的に発達してきていますので
この流れが、これかも続くかはわかりませんが、
こうした事情から百貨店のネクタイについては、
クオリティと商品構成を保つためにも国産である必要があるわけです。

———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能!
 ■□ 「Knot」でオリジナルネクタイを製作しませんか? ■□
———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能。
会社や団体のユニフォーム、また、思い出のネクタイの再現、記念品に。
「Knot」で、あなたのオリジナルネクタイを製作しませんか?
デザインに関するお問い合わせや、価格、納期、お見積もりはいつでも承って
おります(無料)まずはお気軽にご相談ください。
▼お申込は、オーダーネクタイ専門店「Knot」のホームページから
http://www.cfnets.co.jp/tie/?page_id=725