自分でネクタイを選ぶ際のポイント

前回は「初めてのネクタイ」ということで書かせていただきました。
ネクタイも毎年増えていくものですが
日本人の平均的なネクタイの所持本数は、平均で20~30本といわれています。
ご自分の持っているネクタイを一度ズラッと並べてみると
ある傾向が見えてきて面白いと思いますので是非一度やってみてください。

日本人はファッションに対して保守的な傾向があるといわれています。
ネクタイに関しても同様の傾向があり
日本で一番売れているネクタイは「紺系」であるというのもうなずけますね。
スーツも紺が多いということですから「紺+紺」ということになります。
無難といえば無難ですが、個人的にはもう少し変化を付けても
いいのではないかと思います。

スーツの色やデザインを変えるのは少し勇気がいることと思いますが
ネクタイの色や柄を変えてみることであれば
そんなに抵抗もなく出来るのではないかと思います。
では、どんなネクタイ選びをすればいいか?ということですが
簡単な方法をご紹介したいと思います。

ご自分で、はじめに購入しようと選んだネクタイの色から
1~2トーン明るめの色に変えてみるということです。
はじめに書いたとおり、日本人はファッションに対して保守的な傾向がありますから
1~2トーン明るめのものを選んでも、ちょうど良いということです。
もちろん、普段のファッションにも個人差はありますから
普段から派手目な人は、逆に1~2トン暗めのものを選ぶという
選択をすることでいつもと違った印象を演出することが出来ることと思います。

ネクタイひとつで、印象も気分も変わってくるものです。
ネクタイ選びの際に是非参考にしていただければと思います。
———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能!
 ■□ 「Knot」でオリジナルネクタイを製作しませんか? ■□
———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能。
会社や団体のユニフォーム、また、思い出のネクタイの再現、記念品に。
「Knot」で、あなたのオリジナルネクタイを製作しませんか?
デザインに関するお問い合わせや、価格、納期、お見積もりはいつでも承って
おります(無料)まずはお気軽にご相談ください。
▼お申込は、オーダーネクタイ専門店「Knot」のホームページから
http://www.cfnets.co.jp/tie/?page_id=725