ナロータイとその結び方

ネクタイはシャツやアウターなどと違ってサイズによる区別がありません。
このことは以前から一部の人には指摘されてきているのですが
ネクタイの結び方や、その際に大剣と小剣の長さを調節することなどで
ある程度の調整が出来ることなどからサイズによる
バリエーションがなく今日まで来ています。

ただ、上記のように着用の仕上がりの「長さ」は調整できたとしても
ネクタイの「幅」はどうすることも出来ませんね。(笑)
最近は、スーツなども細身のものがトレンドとなっていて
このようなスーツにはネクタイも「細身」のものが相性がいいです。
ネクタイの長さは変わらないのですが、幅が通常より細く
6~7センチ程度のいわゆる「ナロータイ」とか「スリムタイ」とか言われるものがそうです。
弊社でも、今シーズンはナロータイの割合が昨年よりも増えてる印象です。

こうしたネクタイを着用するときは、結び方にも一工夫するとお洒落に決まります。
もともと、スマートな印象に見せるためのネクタイなので
ナロータイを「ウィンザーノット」で結んでしまうと全体のバランスがとれずに
仕上がりがちょっとおかしなことになってしまいますね。

こうしたネクタイを着用するときは「プレーンノット」がお勧めです。
現在では幅広く用いられている結び方なので
レギュラースタイルのネクタイでも多く用いられている結び方ですが
ナロータイには愛称はとてもよい結び方です。
「knot」ではご注文の際に、ナロータイを指定することも出来るようになっています。
ぜひ参考にしてみてください。

———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能!
 ■□ 「Knot」でオリジナルネクタイを製作しませんか? ■□
———————————————————————-
思い出のネクタイの再現も可能。
会社や団体のユニフォーム、また、思い出のネクタイの再現、記念品に。
「Knot」で、あなたのオリジナルネクタイを製作しませんか?
デザインに関するお問い合わせや、価格、納期、お見積もりはいつでも承って
おります(無料)まずはお気軽にご相談ください。
▼お申込は、オーダーネクタイ専門店「Knot」のホームページから
http://www.cfnets.co.jp/tie/?page_id=725