実践的不動産投資の第一人者、猪俣淳による特別セミナー『不動産投資実践塾』              CFネッツ ホームページ

不動産投資実践塾とは、あらゆる市場環境に適応できる「総合的」な不動産投資の実践力を身につけていただくために、これまで「投資分析」「市場分析」「危機管理」「資金調達」の四分野を中心に行ってきたCFネッツの人気セミナーです。

不動産投資実践塾が目指すのは、全ての受講生の方に、以下の4つのスキルを身につけていただくことです。

  1. 不動産投資を数値化して捉えられるようになること
  2. 市場環境についてマクロとミクロ両方の視点を備えること
  3. リスクに対する適切な対処方法を知ることにより、どんな投資環境の変化にも対応できる「総合的」な不動産投資のリテラシーを身につけること
  4. 各金融機関の現状の融資姿勢を把握すること

こうして、今の市場環境に即した「実践的」な不動産投資力を身につけていただくことで、日本の不動産投資家の投資力を底上げします。そして、不動産投資による資産形成をより安全で精度の高いものにしていただくことが、私たちの目標です。



株式会社シー・エフ・ネッツ
ゼネラルマネージャー
不動産コンサルタント 猪俣淳CPM

1級建築士・CPM・FP・不動産コンサルなど、18の不動産関連資格を持ち、自身も不動産家賃収入2400万円を超える不動産投資家。その慧眼は、不動産投資家達から熱い注目を集めており、超有名コンテンツ「サラリーマン流不動産投資道場」 の鬼師範としても活躍中。

大手不動産会社の倒産やJ-REITの破綻など、不動産業界は非常に大きな変化の渦中にあります。不動産投資の世界も大きく変化し、これまでのように小額の投資資金で不動産投資が始められる時代ではなくなりました。そのかわり、物件の価格は下落しており、ファンドや倒産会社からの物件の供給も相次いでいます。資金力のある投資家にとっては、これまでになく物件の選択肢は広がる一方、物件の選別には確かな眼が求められます。

金利・市場・人口動態といった投資環境はいま急激に変化しています。半年前と今とでも違いますし、3年前ですとなおさらです。以前の環境でならうまくいっていたやり方でも、それに固執していると、いつまでもそのタイミングが来なければ待ちぼうけを食らうことになります。環境がどのように変化しても、その時どきに応じた投資手法を打つことができること。これが、私の考える「総合的な」不動産投資力です。これを身につけることで、他の人が気づかないことにも気づくことができるようになりますし、それに対して手を打つことにより、他人の実現できない投資の果実を実現することができるようになります。そして、環境の変化に対して非常に前向きな姿勢でいることができるようになります。

そもそも、不動産投資は長期の資産形成計画の一環としてなされるものであり、やみくもな資産総額の増大を目指すものではありません。資産総額を増大させようと「効率」ばかりを投資に求めてしまうと、「デフォルト(破産)」という事態に陥る危険性も増します。「効率」と「安全」のバランスを図りながら、目標とするキャッシュフローが目標とする時期に達成することを目指すのが、不動産投資の本来の姿です。

不動産投資の世界は奥が深く、またとても面白いものです。不動産投資を愛する者の一人として、ひとりでも多くの方が興味を持ってくださることを願っています。

「実践」的なものの考え方とは、「机上」の世界を追うものではありません。投資家の中には、100点満点の物件を延々と追い求めて、なかなかプレイヤーになれずに観客席から見守るだけの人がいます。われわれ実践家は、様々な不動産の特性を組み合わせて、トータルでの環境適応力を上げる「不動産ポートフォリオ」の考え方を用い、実践を通したフィードバックを得ています。

不動産投資の基礎知識と収益の仕組み / 不動産投資指標の解説と意味 / 投資指標から見る物件種別ごとの特徴 / 投資指標から見る収益構造 / ポートフォリオで考える目標設定 / 指標の活用例と投資分析の実践

不動産投資に必要なことは、たったの3つ / 賃貸需要の大原則「4P」とは / 市場分析の3つのステップ / 何の影響を受けるか / サプライ(供給)とデマンド(需要) / どこで何をどうやって調べるのか? / 3つの空室率と人口減少社会 / 街の力を知るヒアリングのポイント / 選ばれる物件なのか

投資分析からリスクを読み取る / 金利上昇にはこう対処しておく / 地震・火災・事件・事故・災害リスクには… / 構造・築年数・建て方別の対応プラン / 大家はどこまで責任を負うか / 不動産投資にまつわる13のリスク

金融不安と金利 / 金利動向とインフレ / 実名による各金融機関のアパートローンの特徴 / ローンの知識基礎 / コンパウンドとディスカウント / 貸し手が見る目と借り手が見る目 / 銀行は担保評価をどう出すか? / 代表的な18金融機関の融資規定はこうなっている / 融資を通す裏技 / やってはいけないこと

上記4講座を1つにまとめた「1日集中講座」を設け、不動産投資をするに足る「総合的」な投資力を1日で習得してもらうダイジェスト版セミナーをご用意しました。正味5時間の講義ですので非常に駆け足になりますが、濃密な講義になっております。さらに詳しく掘り下げて学習したい方は、引き続き「不動産投資実践塾」各編を受講していただければと思います。
  1. 今回、「不動産投資実践塾(一日集中講座)」を受講いただいた方に限り、その後の「不動産投資実践塾」各編セミナーを、通常価格の2割引で受講していただけます!

  • 昭和60年(23歳):中古3DKマンション購入
  • 昭和62年(25歳):建売住宅購入
  • 平成04年(30歳):土地購入+注文建築
  • 平成13年(39歳):1DK, 8世帯のアパート購入
  • 平成15年(41歳):1K, 6世帯のアパート2棟購入
  • 平成17年(43歳):14世帯のアパート購入
  • 平成18年(44歳):8世帯の新築アパート購入
  • 平成20年 (46歳):4世帯のアパート購入

  • 一級建築士
  • CPM(米国不動産賃貸経営管理士)
  • 不動産コンサルティング技能登録者
  • 不動産証券化マスター資格
  • 不動産アナリスト
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 震災建築物応急危険度判定士
  • 日本FP協会認定AFP
  • ファイナンシャルプランニング技能士
  • 相続アドバイザー
  • 宅地建物取引主任者
  • 管理業務主任者
  • 賃貸住宅査定申請主任者
  • 貸金業務取扱主任者
  • 住環境測定士補
  • 損害保険リテール資格者
  • 生命保険募集人資格者
  • 防火管理者

『不動産投資にまつわる100の話』
〜元手500万円たった5年で年間収入2,400万円!〜


ブログ、「コンサルタント猪俣淳の不動産投資、実際はどうやるの?」中より100の話を抜粋してお届け致します。不動産投資コンサルタントとは普段どういうことを考えているのか?あるいは不動産投資とはどういうことなのかといったことを知りたい方には、とても興味深い内容になっています。

著者:不動産コンサルタント 猪俣淳
定価:2,100円(税込)